第94回全国高校野球選手権石川大会 ベスト8

NO IMAGE

ベスト8決定

第94回全国高校野球選手権石川大会はベスト8が決まりました。
24日(火)・25日(水)に石川県立野球場で準々決勝4試合が行われます。
トーナメント表はこちら
 
準々決勝の組み合わせ

24日の試合

  • 星稜ー小松明峰 10:00
  • 輪島ー小松 12:30

25日の試合

  • 遊学館ー金沢 10:00
  • 鹿西ー金沢東 12:30

 
第二シードの金沢商が初戦敗退した以外は、シード校が順当に勝ち上がってきた。

遊学館の準々決勝の相手は、金沢高校。昨夏の決勝戦のカードが早くも実現する。昨夏は釜田投手を中心とする金沢に5−8と敗退。今年の春の県大会では、準々決勝で激突し、遊学館が3-0で勝っている。(平井翔が4安打完封)

金沢は、昨夏に比べると打線が弱い印象を受けるが、1番の中村はここまで打率.636、2番の坂下も.545と好調。4番を打つ鉾田が12打数2安打と調子はいまひとつか。1・2番の出塁を抑える事ができるかがポイント。
投手は、1年生大会優勝投手の南が15回を投げて無失点と好調、エースナンバーをつける吉田優も1試合を投げて1失点と素晴らしい投球内容。2枚看板と無失策の守備陣で相手に得点を許さない。

遊学館は、打の中心である谷口・北口の調子が上がっていない。一方、一人気を吐くのはキャプテンの小林。寺井戦では、高校通算50号となる値千金の一発。北陸学院戦では、ワンチャンスに逆転タイムリーを放っている。
尾仲・黒萩・大瀧も打っているが、全体的に打線のつながりがなく、投手陣頼みの試合展開が予想される。

ここまで苦しい2試合を勝ち抜いてきた遊学館。打線の奮起を期待するが、それ以上に金沢戦は気持ちのぶつかり合いになる。絶対に負けないという気持ちでぶつかっていってほしい。

 

【ここまでの成績】

●金沢(3試合)

  • 一回戦 8−0 金沢西 ※7回コールド
  • 二回戦 6−2 羽咋工
  • 三回戦 6−0 小松市立
  • チーム打率:.269
  • 本塁打:0
  • 三塁打:5
  • 二塁打:4
  • 打点:15
  • 犠打:11
  • 三振:11
  • 盗塁:4
  • 失策:0
投手  投球回  数   打  安  振  球  責  防御率
南   15   192 51 7  7  4  0  0.00
吉田優 9    133 37 9  9  0  1  1.00
石川  1    21  5  3  0  0  0  0.00

  

●遊学館(2試合)

  • 二回戦 4−3 寺井
  • 三回戦 3−1 北陸学院
  • チーム打率:.242
  • 本塁打:2
  • 三塁打:0
  • 二塁打:4
  • 打点:7
  • 犠打:5
  • 三振:10
  • 盗塁:2
  • 失策:0
投手  投球回     数   打  安  振  球  責  防御率
黒萩  10 1/3  132 42 9  8  2  3  2.61
平井翔 7  2/3  78  26 3  8  1  1  1.17