第123回 北信越高校野球石川大会(秋) 準決勝(遊学館−金沢)

◆遊学館−金沢
2010年10月10日 石川県立野球場

▽準決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
金沢
遊学館

(金)釜田−丹保
(遊)黒萩、松本、山中、土倉−土倉、田中
【三塁打】谷口(遊)
【二塁打】石田、中村(金)

◇金沢
      打安点振球犠盗失残
④ 櫻 吉 200−3−−−1
⑤ 吉 田 210−3−−−3
⑧ 中 村 531−−−−−3
③ 石 田 42011−−−3
① 釜 田 311111−−2
② 丹 保 4001−1−−−
⑥ 田 代 410−−−−−−
⑦ 越 田 000−−1−−−
H 中 川 100−−−−−−
7 中 野 10011−−−1
⑨ 坂 下 3001−1−−−
   計  29825940013
投 手 回   数打安振球責 
釜 田 9   1643881431
◇遊学館
      打安点振球犠盗失残
⑧ 長田悠 530−−−−−2
⑥ 谷 口 5211−−−−1
⑤ 長田祐 30011−−−2
⑨19山 中 20012−−−2
③ 青 木 1001−−−−−
3 西 田 3101−−−−1
⑦ 平 田 1001−−−−−
H7福 田 3001−−−−−
②1土 倉 4004−−−−−
① 黒 萩 000−−−−−−
1 松 本 1001−−−−−
H 光 山 1001−−−−1
9 四十洲 110−−−−−1
④ 山 本 4101−−−−1
   計  358114300010
投 手 回   数打安振球責 
黒 萩  22/3   56166222
松 本  21/3   3381010
山 中  30/3   48140100
土 倉   3/3   1941200

※一年生の黒萩が先発したが、立ち上がり金沢打線につかまり、二失点。
金沢の好投手釜田が相手だけにこれ以上失点できない展開になるが、その後は継投でなんとか無失点に抑えた。
勝負所は5回裏。先頭の長田悠のヒットの後、谷口の右中間三塁打で一点返す。その後満塁と釜田を攻めるが、西田がレフトフライで一点止まり。その後も釜田からヒットを放つものの、要所を抑えられて試合終了。
打線では小林を欠き、土倉がキャッチャーに回らざるを得なくなったがよく戦った。春は釜田に三安打に抑えられた事を考えると、手も足もでないという感じでは無くなってきている。また控え捕手の田中も経験を積めた事も大きい。北信越では、土倉が投げないと通用しない。土倉の投手の線も見えてきた。
明日は、3位決定戦に勝って、北信越大会出場を決めて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。