第107回 北信越高校野球石川大会(秋) 一回戦

NO IMAGE

2002年9月10日
石川県立野球場

明 倫 000 00 = 0
遊学館 380 00 = 11
(五回コールド)

(明)釜、湯浅、田村―上野
(遊)大瀬―堀田
【本塁打】山端(遊)
【三塁打】真見、中山(遊)
【二塁打】門前、濱村、大瀬(遊)

 
初回二死から連打で3点を先行すると二回は4本の長打を含め、7安打を集中、一挙8点を奪って試合を決めた。
甲子園でも猛威を振るった強力打線は今大会でも健在。
投げては小嶋に代わってマウンドに上がった大瀬が無四球、被安打2で二塁を踏ませず、野々市明倫を圧倒した。
7日に高野連の米国遠征から帰国したばかりのエース小嶋、国体で川之江との再戦もあり、ハードなスケジュールになるが、初のセンバツ出場に向けて期待は大きい。