第107回 北信越高校野球石川大会(秋) 決勝

NO IMAGE

2002年9月30日
石川県立野球場

小松市立 003 000 001 = 4
遊学館  001 100 100 = 3

(小)山田―川本
(遊)大瀬―堀田
【三塁打】藤原(遊)
【二塁打】蓮井、山田、北西(小)真見(遊)

 
小松市立は三回一死一二塁から北村、作本連続タイムリー、蓮井の二塁打で3点を先行した。九回は、北西が二塁打を放って、1点を勝ち越した。
遊学館は三、四、七回に各1点ずつを奪って追い付いたが、持ち前の集中打が出なかった。大瀬が粘り強い投球をみせたものの、4失策でリズムに乗れなかった。

遊学館の1年生大会を含めた県大会連勝記録が「24」でストップした。
今夏の甲子園に創部2年で初出場し、いきなりベスト8。県内無敵を誇ってきたが小松市立の前に敗戦。
小嶋を敢えて外して、大瀬が先発したが、4失策では大瀬も報われない。
北信越で戦う前に敗戦を知ったのはよかったかもしれない。気を引き締めて北信越大会を制して欲しい。