第107回北信越高校野球大会(秋) 一回戦

2002年10月11日
新潟市営鳥屋野

東京学館新潟 000 000 00 = 0
遊学館    000 102 13 = 7
(八回コールド)

(東)高森、丸山―山川
(遊)小嶋―堀田
【本塁打】真見(遊
【二塁打】行田、真見(遊)

 
遊学館はエース小嶋がいきなり6連続三振を奪う会心の立ち上がり。緩球自在の投球で8イニングを被安打1、与四死球0、毎回の奪三振17、三塁を踏ませぬ内容。
打線は、四回に中山が敵失で出て、行田の右中間二塁打で先制、六回に真見が2ラン、七回に門前のタイムリーで4点目を挙げた。さらに八回一死から、山端二盗後、真見の左越え二塁打で5点目、小嶋の内野安打で6点目、堀田死球後、代打和田の左越えタイムリーでコールドとした。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。