第127回 北信越高校野球石川大会(秋) 準々決勝

遊学館ー金沢

2012年9月22日 石川県立野球場

▽準々決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
遊学館 14
金沢 11

(遊)大崎、谷西、大崎-太田
(金)南、西居-土田
【本塁打】架谷(遊)
【三塁打】鉾田(金)
【二塁打】大崎、北口2、今村、谷西(遊)関盛2(金)

 
準々決勝の相手はここまで無失点の金沢。コントロール抜群の南を遊学打線が打ち砕けるかが鍵となる試合。
序盤、ヒットは出るものの決め手を欠き両チーム無得点のまま進む。金沢の南はコーナーをつく見事なピッチングで4回まで5奪三振。遊学打線は、南のストレート押されなかなか打球が前に飛ばない。
一方の遊学館の先発は、航空石川戦で好リリーフを見せた大崎。今大会初先発ながら、打たせて取るピッチングで金沢打線から凡打の山を重ね、5回までは無失点ピッチング。特に左打者の外に決まるストレートがよかった。

均衡を破ったのは5回の遊学。4回裏の金沢の攻撃、ワンアウト三塁のピンチをサード今村のファインプレーで脱し勢いに乗った遊学は、ワンアウトから9番架谷がレフトへ見事な放物線を描くソロホームランで先制。大日向、水上、北口の安打でさらに1点。

このまま終わるのかとも思ったが、6回から好投の大崎がファーストに入りピッチャーは谷西。その谷西は先頭の2番関盛にセカンド内野安打、3番鉾田にセンターオーバーの三塁打を打たれ、打者2人で1失点。なおもノーアウト三塁とピンチが続いた所で大崎が再びマウンドへ。しかし4番金村にセンターに弾かれ同点とされた。さすが名門金沢、簡単には終わらせてくれなかった。谷西は変化球が決まらず、カウントを取りにいった甘い球を痛打された。
遊学ペースだった試合もこの回で一気に負けたような空気が漂う嫌な展開に。

勢いづく金沢は、7回裏2死から北岡・関盛の連打と四球で満塁のピンチを迎えるが、金村を三振切って取りピンチを切り抜けた。金沢のペースで試合は進んでいく。

しかし、同点で迎えた8回表、ここまで好投していた南だが疲れが見え始め、遊学打線がその南を捉え一気に試合を決めた。
4番北口:ライト線にツーベース(低め膝元の難しい球)
5番太田:犠牲バント(ランナー三塁)
6番今村:左中間にツーベース(1点入りさらにランナー二塁)
7番谷西:レフトオーバーのフェンス直撃ツーベース(1点追加し尚ランナー二塁)
8番大崎:パスボールでランナー三進後、ファーボール(ランナーは一三塁)
9番架谷:スクイズ(1点入り、ピッチャー南のエラーの間にランナーは一三塁)
1番大日向:左中間にスリーベース(2点追加、ランナー三塁)
2番藤口:スクイズ(1点追加)
3番水上:三振
この回一挙に大量6点を奪って試合を決めた。

勝因は5回、7回の満塁のピンチを抑えた大崎の粘り強いピッチングと堅い守りだと思う。
大崎は怠慢な走塁があったものの、今日はほんとよく投げてくれた。まさかの背番号15を背負った今大会だったが、今日のピッチングで一躍エースに躍り出るのではないだろうか。
谷西は、ストライクとボールがはっきりしていて、変化球でストライクが取れずに苦しいピッチング。球威も大崎ほどはなく、今後投手としてやっていけるのかは微妙。しかし、フェンス直撃の二塁打は、自らの失点を帳消しにするような会心の打球だった。

金沢は、1番北岡、2番関盛、この2人で7安打と良く打ったが、2死から連打して後続が倒れるパターンが2回あり、このへんの打順の巡り合わせが悪かった。投手も南からの継投のタイミングなども完全に逸していたように感じた。このあたりは遊学に運があったのかもしれない。

春・夏・秋と3季連続で準々決勝で対戦したが、これで3連勝。この新チームは前評判は決して高くなかったハズだが、伝統の勝負強いバッティングを持っており、徐々に仕上がってきた感があり期待出来るチームになってきた。次の準決勝に勝てば、北信越出場は確定だが、負けても第3代表決定戦のチャンスがある。今日の試合で勝つか負けるかはとても大きかった。北信越出場に一歩近づいた遊学館だが、北信越で通用するにはまだまだチーム力を上げていかなければならない。この先もいい試合をして勝ち進んでほしい。
 

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【遊学館】  打安点振球犠盗失
(一)左一
   大日向 5221----
(二)藤 口 201-12--
(遊)水 上 42121---
(中)北 口 5301----
(捕)太 田 4301-1--
(三)今 村 5111----
(左)北 村 2001----
 打 齋 藤 1001----
 投左
   谷 西 111-----
 走 辻 川 000-----
 左 中 山 100-----
(投)一投
   大 崎 41021---
(右)架 谷 212--2--
   計   36148103500

 投 手 回  数打安振球責 
 大 崎 5  62194020
 谷 西 0/3  1022002
 大 崎 4  67185210 
      

【金 沢】  打安点振球犠盗失
(右)北 岡 530-----
(左)関 盛 540-----
(一)鉾 田 311-11--
(三)金 村 4111----
(捕)土 田 300--1--
(遊)國 谷 400-----
(中)竹 井 4101----
(二)中 川 410-----
(投) 南  100-2---
 投 西 居 000-----
 打 山 田 100-----
   計   3411223202

 投 手 回  数打安振球責 
  南   8  1383912936
 西 居  1  1152100

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。