第127回 北信越高校野球石川大会(秋) 決勝

▽決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
星稜 13
金沢東 12

(星)岩下、加藤、畑中、室木-鹿屋
(金)工藤、小澤-多久
【本塁打】和治(金)
【三塁打】鹿屋、北村(星)
【二塁打】宮本(金)

 
序盤はどちらも好守備で互角のゲームだったが、中盤から星稜が足を絡めた攻撃で効率よく加点し、ゲームを完全に支配した。4投手の継投で金沢東の反撃を振り切り、2季連続32回目の優勝を決めた。金沢東は、本塁悪送球で2失点、暴投で2失点など守りで自滅した形になったのが悔やまれる。星稜はエンドランがズバリ的中、確実な走塁でしっかり得点に結びつけたのが勝因。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。