石川春季大会総括

遊学館は決勝再試合で黒萩が完投したことが大収穫だったと思う。
これで右の土倉、左の黒萩を軸に福田、蔵谷、平井翔?山中?。土倉以外は四死球が多いのが課題。四死球でランナーを出し、失点するパターンが目立つ。ここを無くせば、しっかりしたゲームができると思うが。土倉は遊学館では久しぶりの絶対的エースといった存在。この調子で夏も力を発揮して欲しい。

打線の方は形が見えてきたのではないかと。谷口、大瀧、小林、そして一年生北口。長田悠、山中が本調子になってくれば、そこそこ戦える打線。あとは下位打線の成長が課題。山本あたりに頑張ってほしい。

決勝の初回、釜田から先制したのは谷口の四球が大きかった。ファールで粘り、際どいボールを見極め奪った四球は素晴らしいと思った。そして先取点まで取れたことが今の遊学館の強さだと感じた。小林も決勝で釜田から打ったホームラン、決勝再試合でのホームランは素晴らしかった。

守りは県内トップクラス。もう少し盗塁阻止出来ればほぼ文句なし。

金沢はやはり釜田の出来次第。そんな簡単に崩れそうにはないが、彼には“運”がなさそう。
3度のサヨナラ負けに先日決勝9回にも同点ホームラン打たれている。
これを打でカバーしていくのは中村だろう。キャプテン石田には荷が重そう。しかし、なんといっても遊学館が夏に甲子園でるためにはこの金沢を倒さなければならない大きな山であることは間違いない。

遊学館がこの準決勝で星稜とぶつかったことで、遊学館は星稜と金沢とは逆のブロックでこの両校が潰しあうことにになるのか?

そこで金沢に続く、私立3強の一角、星稜。北川監督から林和成体制に代わり、注目される一年目。久しぶりに甲子園狙えると言うか、甲子園でも勝てるチームだと思う。ここは西川、森山、大野と、3枚素晴らしいピッチャーが存在。大野の球威は西川より上かも。今回の準決勝同様、接戦だろう。土倉は三安打完封したが、沈黙していた四番山本大貴の存在は脅威。やはり遊学の打線がカギになるだろう。
不思議と夏の遊学館対星稜は一度も対戦がなく(明倫に敗れたりして実現していない)、見て見たい気持ちもある。

私立ではあと、航空石川、小松大谷、遊学館を苦しめた北陸学院。この中でも北陸学院の成長が著しい。航空は釜田から単打ばかりだったが打ち込んでた。大谷は村田の復調次第。村田、増野が乗ってくれば怖い存在。
公立では金沢西、桜丘、金沢商あたりか。

さて、次は遊学館と金沢が北信越大会へ。日本文理、工大福井、敦賀気比、佐久長聖あたりを倒してきてほしい。

■打者成績

長田悠 14 3 0 1 1 1 1 4 1 .214
大瀧 24 6 1 2 1 3 1 5 .250
谷口 26 10 2 5 3 1 2 6 1 2 .385
小林 25 8 5 3 5 2 9 1 3 .320
山中 22 5 6 8 4 2 6 2 1 .227
黒萩 20 6 3 4 3 2 6 .300
平田 0 0 0 .000
青木 5 2 1 1 1 .400
土倉 15 3 1 3 3 2 4 3 1 .200
平井健 11 0 0 2 2 1 2 .000
光山 9 2 3 4 3 1 3 1 .222
山本 11 3 1 5 2 1 1 4 1 .273
水上 4 2 1 .500
北口 13 5 1 3 2 2 3 2 .385
蔵谷 0 0 0 .000
福田 2 0 0 1 .000
西田 3 0 0 1 .000
田中 1 0 0 1 .000
チーム計 205 55 25 44 30 12 15 5 51 10 2 4 .268

■投手成績

土倉 35 445 133 24 34 6 5 1.28
黒萩 15 1/3 269 67 14 10 6 5 2.93
蔵谷 1 0/3 27 10 3 1 3 3 27
福田 4 2/3 66 19 3 0 4 3 5.79
山中 2 31 10 1 1 3 0 0.00
チーム計 56 838 239 45 46 22 16 2.57

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。