*

阪神タイガース 小嶋投手

   

阪神小嶋初勝利6年ぶり甲子園お立ち台

うれしいニュースがあったので、久しぶりに小嶋投手についてです。
遊学館で記憶に残る投手として代表的な存在です。

これまでのプロでの記録と全盛期でもあった高校2年夏とを比較してみました。
くらべるデータ数も違えば、プロと高校という環境も違いすぎて、ありえない比較ですが。
 
■プロ6年間の成績

投球回 被安打 与四死球 奪三振 失点
2007 25 28 12 15 15
2009 6 3 2 2 1
2010 8.2 16 4 5 12
2011 48.1 34 29 64 24
2012 5.1 6 7 8 2
TOTAL 93.1 87 54 94 50

※Wikipedia参照
 
■高校2年時の甲子園成績

投球回 被安打 与四死球 奪三振 失点
二回戦 9 8 1 15 3
三回戦 9 6 4 14 4
準々決勝 9 9 0 12 3
TOTAL 27 23 5 41 10

 
■1イニングあたりで見てみると

被安打 与四死球 奪三振 失点
プロ 0.93 0.58 1 0.53
高校 0.85 0.18 1.5 0.37

 
小嶋の特徴といえば、立ち上がりこそコントロールが定まらず、四死球や安打を許すものの、尻上がりに三振の山を築いていくのが特徴でした。失点もそれなりにあります。
しかし、小嶋の魅力といえば、ずば抜けた球速がなくとも、ストレートで三振が取れる事です。
強引な比較になってますが、これまでのプロの成績を見ても、高校時代と変わらず、小嶋らしさが出ていると思います。
特に2011年・2012年は、奪三振が投球回数を上回り、本領発揮してきているとも取れます。

今年でプロ7年目と言う事もあり、まさに正念場。2013年の小嶋の投球が楽しみです。

 
小嶋達也 ナイスボール集(編集した方、素晴らしすぎる!)
2011年10月13日
 

 - その他