第128回 北信越大会(春) 決勝

遊学館ー富山第一

2013年6月4日 石川県立野球場

▽決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
遊学館 11
富山第一 12

(遊)本定、河合、松田-高本
(富)石川、梶尾-高森
【二塁打】高森、長谷川(富)北口、大日向、本定、高本(遊)

 

pic0604北信越決勝は、昨春も優勝し連覇を狙う富山第一と対戦。昨日星稜との接戦を制し勢いづいている。富山第一の先発投手は、今大会初登板の石川。富山第一といえば、プロ注目の宮本投手がおり対戦を楽しみにしていたが、今大会は二試合に登板しているため、さすがに登板はなかった。
遊学館は本定と高本の1年生バッテリーに、昨日死球で途中交代した廣橋も元気良くスタメンに名を連ねた。

初回、富山第一は2死から3連打で2点を先制。
2点を追う遊学館は、1、2回を三者凡退に取られていたが、3回1死から中山ヒットの後、牽制悪送球を誘い一気に三塁へ。ここで本定のサードゴロは前進守備の三塁手の正面に。バックホームでアウトのタイミングかと思われたが、一塁へ送球してホームイン。続く今村ヒット、藤口死球、2死一二塁から北口の放った高々と上がった打球はセカンドとライトの間に落ち二人が生還して逆転。2死だったとはいえ一塁ランナーの藤口はよく走った。

その後、試合は膠着して両チーム無得点。次の1点をどちらが取るかで展開が変わるパターン。5回には、遊学館は満塁と攻め立てるも得点できない。

6回表、富山第一は先発石川から、星稜戦で好投した一年生の梶尾がマウンドへ。ここで試合が動いた。
先頭の水上が四球を選ぶも牽制死とチャンスが潰れたかに思えたが、高本ライトフェンス直撃の二塁打、代打河合のピッチャー強襲のヒットで1点を追加し4-2とした。

貴重な追加点を挙げた6回裏、遊学館は好投した本定から河合にスイッチ。しかし、河合は二者に連打を浴びて、1死も取れないまま松田に交代。松田は併殺と三振で切り抜けて、相手に流れを渡さない。

遊学館松田、富山第一梶尾の粘りでお互いに譲らぬまま、試合は最終回へ。

9回表、遊学館は、藤口の二盗、三盗から北口のピッチャー強襲のヒットで1点を奪い5-2とリードを広げた。
9回裏、松田は先頭に四球、続く長谷川に左中間を深々と破るタイムリーで1点失うも、富山第一の反撃を1点に抑えて逃げ切った。5-3で富山第一を破り4季ぶり4回目の優勝となった。

去年秋の気比との敗戦。貧打に苦しんだあそこから、全国レベルの投手を打つために、冬のトレーニングで変貌した遊学館打線。昨日の試合後、敦賀気比のキャプテン喜多は、遊学館は確実にレベルアップしたのを肌で感じたと言っていたのが印象的。

振り返ると、今年に入ってから県大会からの9試合全てにおいて二桁安打。特に村上桜ヶ丘の椎野、気比の岸本、三染と全国クラスの投手と対戦し、結果が出たことは大きかった。まさに史上最強打線と言える結果が出ている。
また、廣橋が不動の4番にできたことや本定、高本といった1年生も使えるメドがついたことは、夏にむけての大きな収穫といえる。

 

◆遊学館
       打安点振球犠盗
(一)今 村 420-1--
(二)藤 口 300-112
(中)北 口 523----
(三)廣 橋 41011--
(左)大日向 5201---
(遊)水 上 300-1--
(捕)高 本 31011--
(右)中 山 3102---
 右 北 村 100----
(投)本 定 211----
 打投
   河 合 111----
 投 松 田 100----
    計  351155512

    回   数打安振球責 
本 定 5   62207212
河 合  0/3    22000
松 田 4   48153211


◆富山第一
       打安点振球犠盗
(一)藤 井 510----
(右)西 田 400----
(二)寺 崎 420----
(捕)高 森 420----
(中)左
   中 島 422---1
(左)幸 山 3102---
 中 平 田 000-1--
(遊)長谷川 32111--
(三)中 村 3001-1-
(投)石 川 100----
 打 澤 村 110----
 投 梶 尾 110----
 打 黒 田 100----
    計  341234211

    回  数打安振球責 
石 川 5  72235332
梶 尾 4  48156222

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。