第95回全国高校野球選手権記念石川大会 準決勝 VS金沢

遊学館ー金沢

2013年7月27日 石川県立野球場

▽準決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 R H E
金沢 13
遊学館 1x 16

※延長13回
(金)羽部、澤村、山田、南-土田
(遊)大崎、牧井、本定、河合-太田
【本塁打】藤口(遊)
【二塁打】北岡、土田(金)北口(遊)

 
遊学館が創部した2001年からの12年間。夏の甲子園出場は遊学館、金沢がそれぞれ5回、星稜、航空石川が1回。石川代表を二分している金沢とは、決勝でも過去7度対戦しており、金沢を倒さなければ甲子園への道はない手強い相手。
お互いに一歩も譲らない展開だったが、遊学館が金沢に三たびリードを許しながらも追いつき、延長13回に藤口のサヨナラホームランで勝利、4年連続の決勝進出を決めた。

遊学館の先発は、金沢キラーの大崎、あっさり勝てるのではと思ってしまったが、やはり甘くなかった。初回簡単に2アウトをとるが、北岡のヒットと死球で一二塁のピンチを招くと、中川にタイムリーを浴びて先制点を許してしまう。

しかしその裏、遊学館は金沢先発の羽部から、今村のヒットと送りバントで1死二塁とすると、北口が右中間に二塁打を放ちすかさず同点。押せ押せだったが、金沢はすぐにピッチャー澤村に交代して何とか廣橋を抑えて同点止まり。

2回表には、先頭土田の二塁打、竹井の送りバントを大崎がフィルダースチョイスでピンチを広げる。ここで澤村がきっちり犠牲フライで金沢が再びリードする。今日の大崎は球が高めにいき、金沢の各打者も大崎のストレートをことごとく打ち返していた。

3回裏、遊学館は今村のヒット、藤口内野安打などで2死満塁と攻め立てて太田が打席に。今大会はいまひとつ打てていない太田だが、ファウルで粘って暴投を誘った。遊学館が再び同点に追いつく。

4回からは、遊学館は牧井、金沢は山田尚がマウンドに、お互い総力戦の様相を呈して来た。
5回裏、先頭大日向がヒットで出た所で金沢はエース南がマウンドに。続く北口がバント失敗と流れを掴めず、5回を終わって2−2の同点。やはり長打が出ないとなかなか得点にならない、遊学館は8安打しながらも2得点と嫌な展開に。2失点で南に繋いだ金沢岩井監督の予定通りの展開になりつつあった。

6回表、金沢は鉾田の高いバウンドのピッチャーゴロ内野安打から、2死三塁の場面を作る。ここで今日当たっている土田にタイムリーが出て、またまた金沢が1点リード、3−2。チャンスにきっちり得点する金沢が主導権を握る。

7回から一年生本定がマウンドに。金沢に行きかけた流れをこの本定が素晴らしいピッチングで持ちこたえた。
そして7回裏、遊学館は大日向、廣橋、太田のヒットで1死満塁の大チャンス、ここで水上がデットボールで押し出し。三たび遊学館が追いつく。しかし南が唯一制球を乱した回で押せ押せの場面だったが、続く本定は見逃し三振、谷西も高めのボールに手を出してしまい三振。なかなか流れが掴めない、ここで敗戦も覚悟するほど苦しい展開に。

攻撃のチャンスをことごとく潰す遊学館だったが、今日の本定は低めにボールを集めて、8回、9回と金沢を無失点に抑える。準決勝の大声援が飛び交う舞台で、一年生は立派な投球をした。本定の精神力の強さを垣間みた気がした。

試合は延長に突入するが、延長に入ってからの遊学館は防戦一方。10回途中から河合をマウンドに送り、松田が投げられない今大会、おそらくこれで最後の投手、併殺などで何とか凌ぐものの本当に苦しい展開。遊学館は延長に入ってからは、一人もランナーを出せなかったが、河合が再三のピンチを気迫で凌いで、延長13回2死走者無しから藤口のサヨナラホームランを呼び込んだ。今日はレフト方向に風が吹いていたが、誰もレフトへいい当たりが打ててない試合、最後の最後で藤口が持っていった。市民球場ならレフトフライかという当たりも風に乗ってスタンドイン。負けてもおかしくない苦しいゲームを何とか拾った。

ともかくこれで、4年連続の決勝進出。春の北信越では絶好調だった打線がいまひとつ精彩を欠くも、ようやく決勝までたどり着いた。明日は2年連続の星稜との決勝戦、昨年は6−0と勝利したが、星稜は今日の準決勝も寺井をまったく寄せ付けない完璧な勝利なのに対して、遊学館は延長の末に総力戦をものにして満身創痍の状態。大方の予想では星稜が勝つとの見方だろうが、今日のサヨナラの勢いで夏二連覇を期待しています。
 

◆金 沢
       打安点振球犠盗
(左)関 盛 500--1-
(遊)國 谷 620----
(右)北 岡 520--1-
(一)鉾 田 510-1--
(二)中 川 5211-1-
(三)山田泰 6201---
(捕)土 田 531--1-
(中)竹 井 5002-1-
(投)羽 部 000----
 投 澤 村 001--1-
 打 吉 田 100----
 投 山 田 000----
 投  南  3101---
       461335160

    回   数打安振球責 
羽 部  2/3 942001
澤 村 21/3 47113111
山 田 10/3 2163000
 南  82/3 1223581012


◆遊学館
       打安点振球犠盗
(一)今 村 730----
(二)藤 口 6211-11
(左)右左
   大日向 630----
(中)北 口 6111---
(三)廣 橋 51021--
(捕)太 田 6103---
(遊)水 上 521-1-1
(右)中 山 100----
 打右
   北 村 210----
 投 本 定 2002---
 投 河 合 100----
(投)大 崎 100----
 投 牧 井 110----
 打左
   谷 西 2101---
 右 松 澤 000----
 打右
   高 本 2001---
       5316311212

    回   数打安振球責 
大 崎 30/3 45154112
牧 井 30/3 35112101
本 定  32/3 56165100
河 合  31/3 2/112200

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。