平成25年度シード決め大会(VS泉丘)

平成25年度シード決め大会(VS泉丘)

遊学館ー泉丘

2013年8月22日 石川県立野球場

▽決定戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
泉丘
遊学館 11

※7回コールド
(泉)清水、川原-東、髭
(遊)松田友、牧井-高本
【本塁打】小孫(遊)6回レフト場外2ラン
【三塁打】田中(遊)
【二塁打】中山(遊)
 
20130822秋季県大会金沢地区シード校決定戦は遊学館が泉丘を7-0で下し、秋季大会のシード権を確保した。

遊学館は松田友、泉丘は清水の両サウスポーで試合が始まった。
遊学館は2回廣橋のライト前ヒット、河合の送りバントなどで2死二、三塁のチャンスに松田友のセンター前のタイムリーで1点を先制。二塁走者の中山は本塁を狙うもタッチアウト。このツーアウトからの走塁で憤死した中山に山本監督は激怒していた。
続く3回にも2死三塁から高本のレフト前ヒットで2点目を挙げた。
さらに6回には無死三塁から田中のセンター左へのスリーベースで1点、中山のセンター前で1点、なおも2死三塁となり喜多の足を生かしたセカンド左への内野安打で1点。さらに期待の小孫がレフト場外へツーランを放ち7点目。5回からリリーフした牧井が抑え7回コールド勝ちした。

先発の松田は制球が悪く2つの四死球や、スリーボールにする場面が何回かあり、4回の打席で代打を送られ退いた。公式戦ではないとはいえ、上級生になった松田にとって今ひとつピリッとしない投球が残念であった。二番手に登板した牧井も先頭打者に四球を出すなど2四死球と不安な面もあったが、力のある投球を見せつけた。

前の試合津幡戦で5番だった廣橋は4番に戻り2安打するも、左膝が突っ込み軸ができていないフォームになっており、春先の鋭い打球がなりを潜めて、どことなく萎縮しているように見受けられた。
また、チーム全体としてノーマークだった二塁走者のリード(第二リードも)が小さくワンヒットで還ってくる姿勢が足りない場面もあった。

金沢地区は甲子園に出場した星稜、シード決定戦を勝った遊学館、金沢、金沢商と4チームが秋季大会でシード校となる。
組み合わせ抽選は8月30日、大会は9月7日から行われ上位3チームが10月に福井県で行われる本大会に出場しセンバツを目指す。
 

【泉 丘】
       打安点振球犠
(遊)小 坂 2001--
 二 水 野 000ー1ー
(中)投
   川 原 3001--
(左)竹 中 310---
(右)宮 川 200-1-
(一) 袖  3002--
(二)遊
    北  3001--
(三)西 川 000-2-
(捕) 東  2001--
 捕  髭  000---
(投)清 水 2002--
 中 坂 下 000---
   計   2010840

投 手  回  打安振球
清 水 50/3 21801
川 原  3/3 6300


【遊学館】
       打安点振球犠
(右)喜 多 311--1
(左)飯 田 2001--
 打左
   小 孫 112-1-
(捕)高 本 411---
(三)廣 橋 420---
(一)河 合 200--1
(二)田 中 311---
(遊)中 山 331---
(投)松田友 111---
 打 川 岸 100---
 投 牧 井 000--1
(中)岡 本 310---
   計   27117113

投 手 回  打安振球
松田友 4  12162
牧 井 3  8022