練習試合 VS金市工

NO IMAGE

遊学館 対 金市工

◇金沢市民野球場 ◇2015年3月21日

チーム 1 2 3 4 5
金市工 0 2 1 0 0 3
遊学館 4 2 0 0 x 2
(金)北川、山口-林
(遊)石森、佐小田、小孫-高本
【本塁打】廣橋(遊)
【三塁打】林(金)
【二塁打】高本、廣橋、石森(遊)

 
20150321

金沢市民球場のスコアボードが新しくなり、完成記念式典が行われました。招待試合として、遊学館と金市工の試合が行われ、遊学館は石森、金市工は北川の先発で始まりました。

遊学館は初回、1死一、二塁から高本のレフト線への二塁打で2点を先制、さらに廣橋がレフトスタンドへライナーで突き刺さる2点本塁打で4点を先制した。打球の速い廣橋らしい一発、彼が6番を打つ打線は非常に厚みがあり、相手チームにしてみたら脅威になりそう。
2回には、2番手の山口を攻め、松田四球、高本の左安で1死一、三塁とすると、内潟の犠牲フライで1点、廣橋の左中間二塁打で1点と2点を追加した。内潟の打球は打った瞬間、本塁打と思われる当たりだったが、広い市民球場の右中間ということもありライトフライになった。廣橋は1打席目に続く低いライナー性の打球の二塁打。各打者はともに春先としては振れており、さらなる打撃強化に期待したい。

先発の石森だったが、本来の球のキレがなく3回を投げて3失点と課題の残る投球だったが、佐小田、小孫は1イニングずつを無失点とまずまずの投球で試合を決めた。市民球場のスコアボードではスピードガン表示もされるようになり、小孫の投球に注目していたが、常時130後半で最速142キロと一冬越えての成長が見られた。遊学館の投手で140キロ超えの球を投げる投手は珍しく、夏に向けての大きな武器になりそう。

来月からは春季大会も始まる。春は3年連続で星稜に敗れており、今年は勝って最近の相性の悪さを克服したい。春は豊富な投手陣で勝ち進み、本番の夏には打撃のピークを持ってきて、打って優勝するのが理想的。なんとしても3年ぶりの甲子園を勝ち取ってほしい。

【遊学館】
守備 選手名 打数 安打 打点 三振 四球 犠打 盗塁
(左) 小澤 2 0 0 1 1
(二) 土倉 3 1 0
(右) 松田 2 1 0 1 1
(捕) 高本 3 2 2 1
(右) 内潟 2 0 1
(三) 廣橋 2 2 3
(一) 栗山 2 1 0
(投) 石森 1 1 0
中野滉 1 0 0
佐小田 0 0 0
小孫 0 0 0
(遊) 中野淳 1 0 0 1
19 8 6 3 3