第97回 全国高校野球選手権石川県大会展望

AS20140727002570_comm

昨年の夏、高校野球史上最高のサヨナラ勝ちで幕が閉じた石川大会。その劇的な勝利を演じた星稜がこの夏はノーシード…
星稜は、2年連続甲子園へ導いた絶対的エースの岩下が抜けたものの、今年も戦力は整っており、キャプテンでエースの谷川、1年生からレギュラーを張る虎谷や梁瀬、福重、相原、森田と去年の夏を知るタレント軍団は多数健在。また、今年の1年生は優秀な選手が多数入部しており、彼らの台頭があるのかも見所である。投手陣では、エースの谷川や山本、福重、横越と人材は豊富で、1年生の清水などにも出番があるかもしれない。また、練習試合では1年生からマスクを被ってきた佐竹ではなく梁瀬や1年生の川岸を捕手に起用するなど、林監督が頭を悩ませる選手起用に付け入る隙があるのではないか。しかし、ノーシード星稜がどのブロックに入るのかどこも戦々恐々であるのは確か。星稜は92年に4連覇して以来の夏3連覇を狙う。

その星稜を初戦で破ったのが熱血北橋監督率いる津幡。先発林と星稜中出身の寺地が好投を見せ、見事に星稜を完封した。続く3回戦では能登の強豪である航空石川を延長の末、竹腰の逆転サヨナラ2ランで撃破。この試合では喜多兄弟のアベックホームランも飛び出しており、打線にパンチ力もある。林、寺地の左の必勝リレーで上位進出を狙う。

この津幡もそうだが、春の大会では小松工・小松商がベスト4に残るなど公立勢の躍進が目立った大会となった。小松工は津幡に大丸の2本のホームランなどで圧勝、打力のレベルは高く、木引・川原とゲームメイクできるピッチャーも揃っている。小松商は、準決勝で遊学館を最後まで苦しめた。粘り強い投球が身上のエース大村が、投げて打って走ってと普段通りの野球ができれば期待できる。平良、岩木、浅井と足が速い選手が多く、走塁を絡めた攻撃がウリ。また、小松大谷戦では、木村が投げてないものの19安打11得点と打線も爆発した。

他にも、小松を5回コールドで破った能登の古豪輪島、この敗れた小松も本来は夏には調子を上げくるチーム、今年も越智采配は侮れない。攻撃的先頭打者村井の県立工業や、クロスファイヤーを武器とする県内屈指の好左腕の前がいる石川高専も要注意で、前投手が元気な大会序盤には対戦したくないチーム。昨夏4強の金市工は、北川、山口の両エースは今年も健在、安定した守備力で虎視眈々と上位を伺う。昨年の秋はキャプテン山下とエース北南のケガで春も思うような結果は出せていない金沢桜丘や、この春から赴任した高校日本代表のアシスタントコーチを務めた寺口監督の金沢泉丘にも注目したい。忘れてはいけないのが、公立の雄金沢商。昨年秋には石川を制したが、選抜での21世紀枠の選考には漏れ、その悔しい思いを胸に、この夏はエース丹保を中心とした全員野球で秋に続き夏も頂点狙う。春は遊学館に惜敗したものの、打線も切れ目がなく実力は折り紙つき。

私立勢も簡単にはいかない。私立4強の一角を確実なものにしたい小松大谷。昨年はほんとにあと少しのところで甲子園を逃した。このあと少しの隙間を埋めるためになんとしても甲子園出場を果たしたい。エース木村と下口のバッテリーは健在であり、強力な攻撃陣でも西田、野原、鈴木など多くのメンバーが残る。鵬学園は池下、櫻井の2枚看板に加え、備後、麝香、亀井などの強打者が成長した今年は上位候補。マウンド経験豊富な野村和も最後の年となる航空石川は、打撃の仕上がりによっては上位を狙えるポテンシャルはある。元プロ野球選手として注目されている金森監督が2年目の夏を迎える金沢学院東は、右本格派の廣田、強肩強打の捕手吉原を擁して上位を伺う。そろそろ結果が欲しいところである。

そして春準優勝の金沢。プロ注目のエース竹田は、最速143キロの直球と抜群の制球力と申し分ない。北信越では敦賀気比に打ち込まれたが、県内トップクラスの投手には間違いない。その他、佐藤、北本などの投手の出来が夏のトーナメントでは重要になってきそうである。打者では、昨年秋から爆発し始めた長距離砲の4番中川。体格に恵まれている訳ではないが、綺麗なレベルスイングでボールを遠くへ飛ばすセンスは、竹田とともにプロ注目の逸材。ここに強気なキャッチャー上田、春は2ホーマーの岩井といった好打者が顔を並べる。春の北信越では初戦の松商学園戦では中山がレフトスタンドへ3ラン、上田はセンターの飛び込んだ横に抜けるランニング3ランで昨年秋の雪辱を晴らすなど実力は向上しており、文句なく優勝候補の一角。

これらのチームを迎え撃つのは春を制した遊学館。優勝候補筆頭にあげてもいいと思う。1年の春に戦慄デビューした廣橋のラストイヤー。ただ、それ以降はバッティングにいろいろ悩まされた節はあるが、ここぞという場面では度々勝負強さを見せ結果は残してきた。この廣橋に勝るも劣らないのが高本。金沢に左の大砲中川がいるが、遊学館には高本という左の大砲がいる。春の大会では、竹田の低めのスライダーをスタンドインさせるなど3本のホームランを放ち、練習試合でもホームランを量産している。この高本もチャンスには滅法強い。ここにパワフルな小孫に好打者の飯田・土倉、この春公式戦初ホームランを放った2年生中村、春は打撃不振だったが、俊足を飛ばした長打が魅力の松田、内潟の復調もあれば超攻撃的布陣で臨める。投手陣では、最速146キロ右腕の小孫、ストレートのキレでは小孫を凌ぐ右の本定が復活して先発は2本の柱ができた。そこに左の石森・保科など豊富な投手陣を上手く使えばこの夏は十分に戦える。北信越大会のベンチ入りメンバーを中心に夏ベンチ入り20人の枠にはあと、3年の森山や2年の戸部なんかも入ってくれば頼もしい存在となる。
チーム全体では、昨年の秋、金沢に負けてからは粘り強さを感じるようになった。春の七尾戦では打線が振るわなかったものの、小孫が粘りのピッチングで完封、金沢商戦では延長戦に入り一度は勝ち越されたが、この試合スタメンを外された内潟が代打で登場してヒットを放ち、松田が同点タイムリーで、高本のサヨナラ打を呼び込んだ。準決勝では優位に試合を進めていたものの後半小松商に追い詰められたがしっかり守り抜き、決勝では本定が金沢を1失点完投で秋のリベンジを果した。
北信越の松本第一戦では保科に代わってベンチ入りした森山が先発したが、2回で降板し、そのあと石森、小孫と継投したが打線が奮わず4−5と惜敗。正直、この夏に向けていい戦いができたとは言えないが、投手陣はもう一度気を引き締め直して欲しい。そして夏は打線の奮起に期待したい。

遊学館の夏覇者奪回に向け、また熱い夏が始まる。組合せ抽選会は7月3日、本大会は7月11日開幕。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。