第125回 北信越高校野球石川大会(秋) 準々決勝

NO IMAGE

遊学館は負けてしまいましたが、準々決勝の二試合の結果です。

 

◆小松ー金沢西
2011年9月24日 石川県立野球場

▽準々決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
小松
金沢西 12

(小)中島-中田
(西)辻-喜多

【三塁打】佐々木(西)
【二塁打】寺内、辻2(西)大田、西口(小)

 

 

◆星稜ー金沢東
2011年9月24日 石川県立野球場

▽準々決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
星稜 13
金沢東

(星)森山、畑中、加藤、森山、川口-鹿屋
(東)小澤-盤戸

【三塁打】鹿屋、今村(星)
【二塁打】越中、鹿屋、森山(星)稲本(東)

星稜は初回2人出塁するが、2人とも牽制でアウト。ここから嫌な展開が始まっていたかもしれない。その裏、星稜先発の森山は四死球2つとヒットで一死満塁のピンチを迎え、マウンドを降りる。ここで代わった畑中だったが、ヒットとファーストのエラー2つでこの回4失点。
2回以降星稜は、金沢東先発の小澤を捉えて、5回には5−4と逆転に成功する。
しかし、5回裏に金沢東は、2つの四球とヒットで一死満塁から、押し出しの四球2つを選び逆転する。ここでピッチャーは、畑中から加藤へ交代。
7回表、星稜は今村の三塁打、森山・丸山のタイムリーで2点を奪い再度逆転、7−6とする。
これで決まったかと思われた7回裏、金沢東は二死から、中村の安打、稲本の左中間二塁打で同点、さらに中継の乱れがあって、打った稲本は二塁から一挙本塁を駆け抜けて再々逆転、8−7とする。
9回最後の攻撃、星稜は先頭が四球で出塁し、バッターは森山。センターのフェンス際までボールを運ぶが、センターファインプレーで万事休す。
シーソーゲームの末に、金沢東が勝利した。
星稜は、牽制アウトが3つにランナー飛び出してのアウトなど、走塁ミスが目立った。また、四死球が9つ、失策3と投手・守備ともに乱れてしまい自滅した形になった。

本命と思われていた星稜・遊学館がともに敗れる波乱の大会となった。金沢がなんとか残っているが。
明日は、金沢商ー桜丘、金沢ー明峰の準々決勝残り2試合。
バッティングでは、左打者を揃えた桜丘打線が素晴らしい。金沢商も遊学館を破り勢いにのっている。