第134回 北信越高校野球石川大会(春)組み合わせ

2016年春季大会(第134回北信越地区高校野球石川県大会)の組み合わせが決まりました。大会は、4月16日(土)から5月4日(水)の期間に、石川県立野球場、金沢市民野球場、弁慶スタジアムの3球場で開催される。夏の県大会のシード権がかかる重要な大会で、一冬越した各チームの戦力に注目。
トーナメント表

kumiawase134
遊学館の初戦の相手は、小松商業に決まった。また、注目のノーシード星稜は小松大谷や金沢のブロックに入り、最激戦ブロック。航空石川と鵬学園は2回戦屈指の好カードとなりました。

春季大会は2009年以降、遊学館3回、星稜4回と7年間2校が独占している。今年もこの2校は最有力だが、どちらもノーシードでの登場ということで、1回戦から目が離せない大会となりそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。