第33回明治神宮野球大会 準々決勝

NO IMAGE

◆遊学館−駒大苫小牧(北海道)
2002年11月16日 神宮第二球場

駒大苫小牧 100 000 0=1
遊学館   500 411 x=11
※7回コールド
(駒)鈴木、丸山、白石ー糸屋
(遊)大瀬、小嶋ー堀田
【本塁打】石川(駒)
【二塁打】藤原2、和田(遊)

 
遊学館は初回、先発大瀬が先頭打者本塁打を浴びるが、その裏すぐに5点とって逆転。2回以降は大瀬が落ち着いた投球を取り戻し、6回1失点とゲームを作った。
優勝を狙う遊学館にとって、大瀬の好投は大きな材料。