第139回 北信越地区高校野球大会(秋) 2回戦 vs啓新

第139回 北信越地区高校野球大会(秋) 2回戦 vs啓新

遊学館 対 啓新

◇2回戦 ◇ハードオフエコスタジアム ◇2018年10月14日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
遊学館 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2
啓新 1 0 0 0 1 0 1 0 x 3
(遊)布施、岡田、高田-橋場
(啓)安積、浦松-穴水
【三塁打】古川(啓)
【二塁打】武田(遊)

戦評

◆第139回北信越地区高校野球大会 ▽2回戦 遊学館2ー3啓新(14日・ハードオフエコ)
遊学館は取られたら取り返す粘りをみせたがあと一歩及ばず、啓新に競り負けて準決勝進出はならなかった。

遊学館は布施、啓新は安積が先発。遊学館は初回、武田の二塁打と死球で好機を作るが無得点に終わる。立ち上がりに不安のある相手投手を攻めきれなかった。先発の布施は、1回裏に四球と内野安打から犠飛であっさり1点を先制されるが、2回に布施が自ら適時打を放ちすぐさま追いつく。布施は5回に三塁打とスクイズで勝ち越しを許したが、6回に竹村の安打と四球で作った好機に、代打・保科が適時打を放ち再び同点に追いついた。
両チーム決め手のないまま2ー2の同点で迎えた7回裏、遊学館の二番手・岡田が四球と犠打で1死二塁とした所で、エース・高田が登板したが、2死後に内野安打を打たれて勝ち越しを許してしまった。反撃したい遊学館だったが、8回から登板した浦松に1安打に封じられて試合終了。

遊学館は、投手陣が5安打に抑えたものの3失点。取られてもすぐに取り返してなんとか食らいついていたが、常に先制される苦しい展開だった。相手を上回る8安打を放ちながらも最後まで相手投手陣を攻略できなかった。相手の先発・安積をなかなか攻略できずに、浦松に繋がれたのが痛かった。

2度目のセンバツ出場は叶わなかったが、6年ぶりの秋北信越出場で1勝できた。冬のトレーニングで一回り大きく成長して夏の甲子園を狙えるチームになってくれるだろう。

打撃成績

細呂木 3 0 0 0 2
武田 5 2 0 0 0
澤井 5 0 0 0 0
佐藤 4 0 0 3 1
竹村 4 2 0 0 0
松本 3 1 0 1 0
橋場 1 1 0 0 2
岩松 1 0 0 1 0
布施 2 1 1 1 0
保科 1 1 1 0 0
牛谷内 0 0 0 0 0
1 岡田 0 0 0 0 0
1 高田 1 0 0 0 0
32 8 2 7 5

投手成績

名前
布施 5回 20 3 3 1 2
岡田 1回1/3 5 1 0 1 1
高田 1回2/3 5 1 1 0 0
8回 30 5 4 2 3

 

Advertisement