第126回 北信越高校野球石川大会(春)

NO IMAGE

第126回 北信越高校野球石川大会(春)のベスト4が決まりました。

遊学館、星稜、金沢東、金沢商の4校です。遊学館以外は、シード校が順当に勝ち上がってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各チームの打率をまとめてみました。

 

●遊学館

小林は13打数6安打、2HR、7打点とまさに大黒柱。谷口はチャンスにこそ打てているが、打率は今ひとつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●星稜

今大会は、ずば抜けて打撃好調。全員が4割以上打っており、特に各打者の長打力は目を見張るものがある。

春にここまで打線が仕上がったチームの夏はどうなるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●金沢東

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●金沢商

打って、投げてと岩井が大活躍。金商のチームカラーがよく出ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準決勝は、5月12日 9:00〜 県立野球場で2試合行われます。