*

第94回全国高校野球選手権石川大会 二回戦

   

遊学館ー寺井

2012年7月18日 石川県立野球場

▽二回戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
遊学館
寺井

(遊)黒萩、平井翔-小林
(寺)宮本ー西田
【本塁打】尾仲、小林(遊)宮本(寺)
【二塁打】大瀧、黒萩(遊)吉澤、山越(寺)

 

夏の大会初戦となる寺井との一戦。寺井とはここまで練習試合を含め8試合で5勝3敗と決して侮れない相手。
寺井の先発は、春も投げていない二年生の左腕宮本。コーナーをつく見事な投球で遊学打線を翻弄。去年の秋、金沢商の岩井を初めて見たときと似た感じがした。バッティングも本塁打含む二安打で秋からは彼が中心となり寺井を支えていくのでしょう。あと、寺井で目立ったのは、ショートの吉澤。バッティングもさることながら守備も良く球際に強いイメージ。県内のある大學野球の監督に目をつけられてるらしいが、ぜひレベルの高いところで頑張ってほしいです。寺井は応援も声が出てて、圧倒されてたような気がします。

さて、遊学館。やはり夏の初戦の入りの難しさを感じた。得点はなかなか難しいと思ったものの、先発黒萩はしっかり押さえてくれると思ってたが、6回一死3塁で平井翔に交代。山本監督はさすがに堪えられなかったか。平井翔は代わりっぱな寺井宮本に同点ツーランを浴びたがその後はピシャリと抑えた。今日は平井翔の方がストレートに伸び・キレがあった。この辺は難しいところなんだけど、この二枚看板で夏を投げきってほしい。
打線でひとり気を吐いたのが3安打の5番大瀧。センター前を心掛けたバッティングが良かった。逆に、最後まで流し打ちに拘った谷口が不調。尾仲に待望の一発が出てしかも場外でそれはいいのだが、これで気を良くしたのか大降りが目立ったのが残念だが、小林の通算50号の特大ホームランは、まさに値千金の一発だった。

こういうゲームを落とさずに拾えたことは今後に繋がる。全国の強豪校も予選ではこんなゲームを乗り越えてきてるんだから、遊学も今日のようなゲームが出来てよかった。

次の三回戦は、22日県立野球場で、北陸学院と対戦。こちらも手強そう。

 


【遊学館】  打安点振球犠盗失残
(遊)谷 口 40011----
(二)一二
   大日向 41011---1
(捕)小 林 212--2---
(左)北 口 4001-----
(三)大 瀧 331-1---4
(一)滝 口 2001-----
 二 藤 口 1001-----
 一 平井翔 000--1---
(投)一
   黒 萩 4102----1
(右)尾 仲 4111-----
(中)平井健 300-1---1
   計   3174843007

 投 手 回   数打安振球責 
 黒 萩 51/3   65236312
 平井翔 32/3   37121501



【寺 井】  打安点振球犠盗失残
(遊)吉 澤 421-----2
(三)村 井 3001-1---
(捕)西 田 4001-----
(一)山 越 31021---1
(中)石 蔵 4003-----
(投)宮 本 422------
(右)吉 本 300-----1
 打 杉 本 100------
(二)金 岩 420-----1
(左)村 田 1001-2---
   計   3173813015

 投 手 回   数打安振球責 
 松 本  9     146387843

 - 県大会(夏)