*

第94回全国高校野球選手権石川大会 三回戦

   

遊学館ー北陸学院

2012年7月22日 石川県立野球場

▽三回戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
遊学館
北陸学院

(遊)黒萩、平井翔-太田、小林
(北)竹村勇、川井-石野
【二塁打】竹村龍(北)黒萩、尾仲(遊)

 

北陸学院とは公式戦では昨年春以来となる対戦。昨年は好投手滝町くんの前に序盤完全に抑えられ4-2で辛勝。今日の試合は初戦のうっぷんも晴らすために打線爆発と期待したが…

北陸学院は福田・野崎・石野・樫見・前波と去年夏のメンバーが5人残る今年に賭けるメンバーであり、そうたやすくなかった。序盤は相手に先制され、変則ピッチャー竹村勇の術中に嵌り7回まで単発3安打に抑えられた。

7回終わって0-1とリードされる展開に。しかし野球はそのまま終わらない。
ようやく8回、先頭の黒萩がピッチャー強襲のヒットで出塁。続く尾仲が相手内野手のプレッシャーを受けながらもきっちり送って一死二塁。ここで代打長田が内野安打で一死三塁。今日ヒットを打っている谷口に回るがファアボール。一死満塁でバッターは小林とこの試合最大のヤマ場を迎える。今日は途中から代打で出場した小林が谷口の次に回ってくるという打順の良さもあり、強烈なライト前ヒットを放ち、2点取って逆転に成功。ここでは長田の代走山岸の好走があったわけだが、山本監督の策が見事ハマッた。9回にも追加点が入り結果3-1と初戦に引き続き辛勝。

スタメンマスクは小林ではなく二年の太田。小林は17日の練習で右太ももを痛め、肉離れの疑いがあると言われていたので心配したが、途中代打で出てきて見事逆転となるタイムリーとひとまず安心。
ただ、打線全体的に工夫が欲しい。この投手ならいつでも打てるという慢心が今日のこの結果ではないかと思う。そんな中、今日スタメンの藤口の2盗塁にセフティバントは失敗したがいい働きをしていた。今大会4番に座る北口は未だノーヒットではあるが、プレッシャーなんだろうが一本出れば好調の波に乗れるだろう。

次はベスト4をかけたいつもより少し早いが金沢との対戦。投手陣は黒萩・平井翔と安定感はあるので、打線の奮起に期待したい。

 


【遊学館】  打安点振球犠盗失残
(遊)谷 口 310-1----
(一)大日向 2001-----
 打 捕
   小 林 212------
(三)大 瀧 400------
(左)北 口 300-1---1
(捕)太 田 2001-1---
 投 平井翔 210------
(二)藤 口 310--12-1
(投)一
   黒 萩 320-1---2
(右)尾 仲 311--1--1
(中)平井健 200------
 打 長 田 110------
 走 山 岸 000------
 中 青 木 100------
   計   3183232206

 投 手 回  数打安振球責 
 黒 萩 5  67193511
 平井翔 4  41142310



【北陸学院】 打安点振球犠盗失残
(右)野 崎 30011---1
(遊)樫 見 3002-1---
(二)前 波 400------
(中)福 田 4101----1
(捕)石 野 310-1---2
(一)竹村龍 4201-----
(三)矢 田 300-----1
(投)竹村勇 21111---1
 打 滝 野 1001-----
 投 川 井 000------
(左)高 藤 1001-2---
 打 相 神 100------
 左 中 川 000------
   計   3051821005

 投 手 回  数打安振球責 
 竹村勇  8  115306222
 川 井 1  2262011 

 - 県大会(夏)