第106回 北信越高校野球石川大会(春) 決勝

2002年5月8日
石川県立野球場

金 沢 000 103 100 0  = 5
遊学館 004 100 000 1x = 6x
※延長10回

(金)彦田ー中谷
(遊)小嶋ー堀田
【本塁打】坂下(金)
【三塁打】門前(遊)
【二塁打】澤邊、川畑、坂下2(金)藤原、大瀬、高根、門前(遊)

 
遊学館は5−5で迎えた延長10回、大瀬・高根の連打で無死一二塁とし、真見の送りバント失敗後、堀田のタイムリーでサヨナラ。序盤リードしながらも終盤追い付かれたが、最後はサヨナラで決めた。

金沢相手に堂々の試合運び、1・2年生だけのチームとはとても思えない。
昨春は二回戦で姿を消したが、創部2年目で今年は堂々の優勝を飾った。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。