第128回北信越大会(春)

第128回北信越高校野球大会(平成25年度春季)が6月1日より開催されます。
今回は石川県での開催ということで、石川県大会ベスト4以上が本大会に出場できます。まだ県大会が終わっていませんが、星稜、金沢、遊学館、金沢学院東が出場確定です。
福井県は、センバツベスト4の敦賀気比と、同じくセンバツ出場の春江工が順当に勝ち上がり。富山県もプロ注目の宮本投手率いる富山第一と、古豪富山商が本大会出場を決めています。新潟と長野は11日以降の試合で出場校が決まります。

〇抽選会
5月22日(13:00〜)

〇開催期間
6月1日~4日

〇場所
石川県立野球場、金沢市民野球場

〇出場校(5/7現在)
◆長野県(県大会5/11~)
北信地区代表
長野東、◎長野、飯山北、長野日大
東信地区代表
佐久長聖、地球環境、上田千曲、◎上田西
中信地区代表
◎松本第一、東京都市大塩尻、創造学園、松商学園
南信地区代表
飯田、◎伊那弥生ヶ丘、上伊那農、東海大三

※◎は地区優勝校

◆新潟県(準々決勝 5/11)
新発田中央ー中越
新潟工ー新潟県央工
村上桜ヶ丘ー新潟明訓
日本文理ー巻

◆富山県
優勝校:富山第一(3季連続13回目)
準優勝校:富山商(3季ぶり47回目)

◆福井県
優勝校:敦賀気比(2季連続24回目)
準優勝校:春江工(2季連続2回目)
※春江工は春初出場

◆石川県(準決勝 5/11)
星稜(3季連続51回目)ー金沢(3季ぶり57回目)
遊学館(2季連続17回目)ー金沢学院東(2季連続4回目)
※金沢学院東は春初出場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。