第132回 北信越高校野球石川大会(春)3回戦 VS金沢商

NO IMAGE

遊学館 対 金沢商

◇3回戦 ◇石川県立野球場 ◇2015年4月29日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
金沢商 0 1 0 0 3 0 0 0 0 1 5
遊学館 2 1 0 0 0 1 0 0 0 2x 6
(金)丹保-小寺
(遊)小孫、本定-高本
【本塁打】高本(遊)
【三塁打】松田(遊)
【二塁打】出倉、丹保、高畠(金)松田、土倉、中村(遊)

 
20150429

戦評

3回戦の相手は、昨秋の県大会で金沢と星稜を倒して優勝した金沢商との対戦。金沢商は丹保、遊学館は小孫の両エースの先発で始まった。

初回、小孫は出倉に二塁打を打たれるも後続を打ち取り無得点に。その裏の遊学館は、土倉のヒットと松田のレフト線への二塁打で、1死二、三塁のチャンスを作ると、高本の犠牲フライと廣橋のセンター前ヒットで、好投手丹保からあっさり2点を先制した。
先制した遊学館だが、2回表には2本の安打と送りバントなどで、2死一、三塁から、この日9番に入った巧打者丹保にタイムリーを浴びて1点を返される。丹保のプレイで勢いに乗るチームなだけに一番打たれたくない打者に打たれてしまう。

今日は小孫の調子があまり良くない。ストレートが走らず変化球でかわすピッチングに対し、金沢商打線はボールになる球を見極め、ファールで粘り、5回までに7度も3ボールにするなど100球を超す苦しい投球内容となった。

3ー1で迎えた5回表、金沢商は先頭丹保が二塁打、久島に四球と捕逸があり、無死一、三塁から出倉のタイムリーで1点、さらに1死満塁から犠牲フライと捕逸で加点。バッテリーのミスもあり、この回3点を奪って一気に逆転した。
これで勢いは金沢商。スタンドの大応援団も盛り上がり、昨秋の決勝戦で星稜に勝った時のような雰囲気に包まれた。

6回表、丹保のこの日3本目のヒットと久島への四球で、1死一、二塁となった所で遊学館は小孫から本定にスイッチ。今大会初めての登板となる本定は、いきなりストレートのフォアボールを与えてしまい、1死満塁のピンチを迎えるが、3番田畑を三振、4番蚊爪をレフトフライに仕留めてなんとか無失点で切り抜ける。
ピンチを切り抜けた遊学館は、その裏に4番高本のレフトポール際への打球が風にも乗り本塁打、4ー4の同点に追いつく。

同点にされた金沢商は7回にすかさず反撃し、2死一、三塁のチャンスで今日3安打の丹保を迎える。ここで本定は、丹保のインコースに素晴らしいストレートを投げ込み空振りの三振でピンチを凌ぐ。その後は少し落ち着きを取り戻したか、毎回走者を背負いながらもなんとか凌ぎゲームは延長戦に突入する。

10回表の金沢商は、1死一、二塁から高畠のレフト線への二塁打で1点を勝ち越し。さらに1死二、三塁の場面で初球スクイズをしたが、本定は本塁へグラブトスをして間一髪アウトとこの回は1点で止めた。

追い詰められた10回裏、遊学館は代打内潟がセンター前にクリーンヒットで出塁。今日はスタメンを外れた内潟だったが、大事な場面で登場して、2年生とは思えない落ち着きで仕事をして見せた。その後2死三塁としてバッターは今日二塁打を打っている松田。ここで松田はセンターの頭上へグラブをかすめる三塁打を放ち同点に。続く4番高本は、右中間を破るフェンス直撃のヒット。チャンスに強い高本、ここでも勝負強さを発揮して見事なサヨナラを演出した。

金沢商の丹保は無四球と安定したピッチングで大崩れせず、特に外角のコントロールが素晴らしかった。昨年秋の優勝投手だけあって手強い存在だったが、最後は高本がサヨナラ打で締めくくった。高本と丹保は鳴和中時代はバッテリーを組んでいた間柄。よく知る選手同士の対決だったが、今回は高本に軍配が上がった。
また、勝因として本定の好リリーフも忘れてはいけない。4回2/3を投げて4四死球と制球力に課題が残るものの、伸びのあるストレートと縦の変化球のキレは復活を感じさせる投球であった。3安打でチームを勢いに乗せていた丹保から2三振を奪い、相手の勢いを止める投球内容だった。夏に向けて本定に復調の兆しが見えてきたのは大きい。

準々決勝は、県立工業と対戦。5月2日に県立球場で10時開始予定。

打者成績

【金沢商】
守備 選手名 打数 安打 打点 三振 四球 犠打 盗塁
(右) 久島 3 0 0 1 3
(三) 出倉 5 2 1 1
(左) 田畑 6 1 0 2
(一) 蚊爪 4 1 0 1 1 1
(中) 平田 4 1 1 1 1 1
(遊) 高畠 4 2 1 1 1 1
(二) 門廻 0 0 0
畑中 3 1 0 1 1 1
元地 2 0 0
(捕) 小寺 6 2 0 1
(投) 丹保 5 3 1 2
42 13 4 10 8 3 0
【遊学館】
守備 選手名 打数 安打 打点 三振 四球 犠打 盗塁
(中) 飯田 4 1 0 1
(二)三 土倉 5 2 0
(右) 松田 5 2 1
(捕) 高本 4 2 3 1 1
(三)一 廣橋 4 1 1 1
(一) 栗山 3 0 0
中村 1 1 0
平井 0 0 0
(左) 石森 4 0 0
(投) 小孫 1 1 1 1
本定 2 1 0 1
(遊) 中野 3 0 0
内潟 1 1 0
37 12 6 3 0 3 0

投手成績

【金沢商】
選手名 回数 球数 打者 安打 三振 四死 自責
丹保 9 2/3 120 40 12 3 0 6
【遊学館】
選手名 回数 球数 打者 安打 三振 四死 自責
小孫 5 1/3 115 28 7 6 4 3
本定 4 2/3 86 25 6 4 4 1