全国高校野球選手権大会

第97回 全国高校野球選手権大会 3回戦 vs東海大相模

投稿日:2015-08-16 更新日:

遊学館 対 東海大相模

◇3回戦◇阪神甲子園球場◇2015年8月15日
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
東海大相模 4 0 0 2 2 1 0 2 0 11
遊学館 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
(東)小笠原、北村-長倉
(遊)小孫、本定、森山、石森-高本
【三塁打】宮地、杉崎、小笠原(東)
【二塁打】広橋、高本(遊)小笠原(東)

【東海大相模】神奈川
守備 選手名



1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 (二) 千野啓二郎(3年=左) 3 1 1 0 死球 三振 ・・・ 右安 四球 ・・・ 二ゴ 死球 ・・・
2 (中) 宮地 恭平(3年=右) 6 3 1 0 中安 中飛 ・・・ 左3 左飛 ・・・ 中安 遊飛 ・・・
3 (遊) 杉崎 成輝(3年=左) 4 1 2 0 左3 ・・・ 投ゴ 二飛 ・・・ 四球 四球 ・・・ 中飛
4 (右) 豊田  寛(3年=右) 5 1 0 0 遊ゴ ・・・ 三振 ・・・ 四球 中安 遊ゴ ・・・ 二飛
5 (一) 磯網 栄登(3年=右) 5 5 2 0 中安 ・・・ 右安 ・・・ 投ギ 左安 ・・・ 左安 中安
6 (捕) 長倉  蓮(3年=右) 4 2 0 0 左安 ・・・ 左飛 ・・・ 左安 三ゴ ・・・ 投ギ ・・・
7 (左) 竹内 大貴(3年=左) 5 3 2 0 三振 ・・・ ・・・ 右安 右安 遊飛 ・・・ 右安 ・・・
8 (三) 川地星太朗(3年=左) 3 0 1 0 三振 ・・・ ・・・ 投ギ 中犠 一ゴ ・・・ 二飛 ・・・
9 (投) 小笠原慎之介(3年=左) 5 2 1 0 ・・・ 二ゴ ・・・ 遊ゴ 左2 ・・・ 中飛 右3 ・・・
北村 朋也(2年=右) 0 0 0 0 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
40 18 10 0

選手名 回数 球数 打者 安打 三振 四死 失点
小笠原慎之介(左) 8 – 114 32 6 6 1 2
北村朋也(右) 1 – 16 4 1 1 0 0
9 –

【遊学館】石川
守備 選手名



1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 (二) 土倉  徳(3年=右) 4 0 0 0 三振 ・・・ 三失 ・・・ 二ゴ ・・・ 右飛 ・・・ ・・・
2 (中) 飯田小次郎(3年=左) 3 0 0 0 遊ゴ ・・・ ギ野 ・・・ ・・・ 中飛 三振 ・・・ ・・・
3 (一) 広橋 敬大(3年=右) 4 3 0 0 中安 ・・・ 二飛 ・・・ ・・・ 左2 ・・・ 左安 ・・・
4 (捕) 高本 康平(3年=左) 4 1 1 0 遊ゴ ・・・ 左飛 ・・・ ・・・ 左2 ・・・ 三振 ・・・
5 (右) 内潟 凌太(2年=左) 2 0 0 0 ・・・ 三振 ・・・ 左飛 ・・・ 死球 ・・・ ・・・ ・・・
後藤 才宜(3年=右) 1 0 0 0 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 遊併 ・・・
鳥居 友太(3年=右) 0 0 0 0 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
6 (遊) 中村 康汰(2年=左) 4 1 0 0 ・・・ 中飛 ・・・ 左飛 ・・・ 中飛 ・・・ ・・・ 左安
7 (三) 藤原  遼(2年=右) 4 2 1 0 ・・・ 右安 ・・・ 二直 ・・・ 左安 ・・・ ・・・ 一邪
8 (投左) 小孫 竜二(3年=右) 3 0 0 0 ・・・ 投ゴ ・・・ ・・・ 右飛 三振 ・・・ ・・・ ・・・
栗山浩太朗(3年=左) 1 0 0 0 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 三振
9 (左) 松田 和樹(3年=左) 1 0 0 0 ・・・ ・・・ 投ゴ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
本定 史好(3年=右) 1 0 0 0 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 遊ゴ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
森山 一貴(3年=右) 1 0 0 0 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 三振 ・・・ ・・・
石森 大誠(3年=左) 1 0 0 0 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 三ゴ
34 7 2 0

選手名 回数 球数 打者 安打 三振 四死 失点
小孫 竜二(右) 3 2/3 74 20 8 4 1 6
本定 史好(右) 1 1/3 36 12 5 0 3 3
森山 一貴(右) 2 1/3 31 11 3 0 1 2
石森 大誠(左) 1 2/3 25 7 2 0 1 0
– –
 

戦評

3回戦は優勝候補筆頭の東海大相模との対戦。勝てば13年ぶりのベスト8という試合。格上のチームに食らいつきたい遊学館は、1番土倉、3番廣橋、7番に甲子園初先発の藤原と、相手150キロ左腕小笠原に相性の良さそうな右打者を並べて勝負に出る。

初回、小孫の立ち上がり、先頭に死球を与えてしまうと続く打者にもヒットで1死一、二塁のピンチ、ここで最も警戒しなくてはいけない打者杉崎にレフト線への3塁打を打たれて2点を先制される。この後、牽制悪送球などもあり初回いきなり4安打で4点を先制されてしまう。小孫は2、3回は無失点に抑えるものの、4回にも3安打を浴びて2失点したところで降板した。今日の小孫は相手が東海大相模という事もあり気負いすぎたのか、ボールが指にかからず制球がいまひとつで甘い球をことごとく痛打されてしまった。
4回途中からは、怪我から復帰した本定が甲子園初マウンドへ。しかし、本定も5安打、3四死球と相手打線を抑えられずに3失点してしまい、9-0と大きくリードされる展開となった。

反撃したい遊学館は、6回1死から廣橋が2塁打で出塁すると、高本がアウトコースストレートを左中間2塁打して1点、その後2死二塁として、藤原が三遊間へヒットを放ち1点とこの回2点を返した。しかし反撃もここまで。その後、森山、石森と継投するが、東海大相模の勢いを止められず、また打線も好投手小笠原を攻略できずに試合終了。11-2と完敗した内容だった。東海大相模は、超高校級の投手陣や強力打線以外にも、常に次の塁を狙ってくる隙のない走塁など、死角のないチームだった。昨年夏の練習試合では、接戦の1敗1分とそこそこ戦えていたが、1年経って差が大きく開いた印象。ぜひともこのまま全国制覇をして欲しい。
また、今日の小笠原投手は150キロのストレートはなかったものの、制球を重視した投球とキレのある変化球が冴えており、遊学館は2点取るのがやっとだった。

廣橋は今日3安打とやはり速球投手には強い所を見せてくれたし、また2年生藤原も甲子園デビューの試合で小笠原から2安打を放った。高校通算防御率1.06の小笠原から2点取れた事を自信として新チームへつなげて欲しい。

今の3年生は、好選手が多く入学し、1年時から廣橋、高本、本定などが活躍してきたが、1年生大会では2回戦敗退。その後も星稜、大谷、金沢に敗れてなかなか勝てなかったが、3年春に優勝して自信をつけると、夏もその勢いで優勝。遊学館が県大会の春夏連覇したのは2002年以来、最後の学年で結果が出たのは非常に嬉しかった。
3年生はこれで高校での野球は終わりとなるが、上のレベルでも通用する選手が多いだけにこれからの野球にも注目していきたいと思います。3年間お疲れ様でした。

-全国高校野球選手権大会


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第86回 全国高校野球選手権大会 2回戦 vs東北

遊学館 対 東北 ◇2回戦◇阪神甲子園球場◇2004年8月14日 チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 東北 1 0 3 0 0 0 0 0 0 4 遊学館 0 0 0 0 0 0 0 0 …

第92回 全国高校野球選手権大会 2回戦 vs関東一

遊学館ー関東一 ◇2回戦◇阪神甲子園球場◇2010年8月14日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R 関東一 3 2 2 4 0 0 0 0 0 11 遊学館 0 0 0 1 2 1 0 0 0 4 …

第86回 全国高校野球選手権大会 1回戦 vs県岐阜商

遊学館 対 県岐阜商 ◇1回戦◇阪神甲子園球場◇2004年8月9日 チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 遊学館 2 0 0 0 2 1 0 1 0 6 県岐阜商 0 1 0 1 0 0 0 …

第84回 全国高校野球選手権大会 準々決勝 vs川之江

遊学館 対 川之江 ◇準々決勝◇阪神甲子園球場◇2002年8月19日 チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 川之江 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3 遊学館 0 0 0 1 1 0 0 …

第92回 全国高校野球選手権大会

8月7日(土)開幕の全国高校野球選手権大会の組み合わせが決まりました。 遊学館は、大会二日目の第三試合で、岩手代表の一関学院との対戦が決まりました。




Twitter

カテゴリー

アーカイブ