第125回 北信越高校野球石川大会(秋)

雨の順延が続きますが、三回戦で対戦する金沢商の今大会の成績です。

  • 一回戦 金沢商18ー5松任(5回コールド)
  • 二回戦 金沢商17ー3大聖寺実(6回コールド)

 

夏までは、金谷という好投手がいましたが、新チームでは油谷が主戦のようです。
打者では、夏からのレギュラー5人(河内、大森、高井、岩井、木井)が新チームの中心のようです。

 

1、2回戦の主な打者成績
河内(1番):8打数4安打5打点、打率.500
大森(2番):6打数5安打5打点、打率.833
高井(4番):8打数7安打4打点、打率.875
岩井(5番):6打数4安打2打点、打率.667
木井(6番):7打数5安打2打点、打率.714

 

数字だけみるととてつもなく打っています。秋のこの時期にこれだけ打つのはすごい。
遊学館投手陣がどれだけ抑えてくれるかが鍵になりそうです。2005年の秋は、金沢商に負けていますが、終盤投手が崩れての敗戦でした。いずれにしても、しっかりしたバッティングしなければ、勝てないゲームになりそうです。

1 Comment

ふぁん

倉田の時代だったか、金商に負けてるので、いやな予感がします。がんばれ遊学館。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。