第98回全国高校野球選手権石川大会 2回戦 vs羽咋

第98回全国高校野球選手権石川大会 2回戦 vs羽咋

遊学館 対 羽咋

◇2回戦 ◇石川県立野球場 ◇2016年7月18日

チーム 1 2 3 4 5
羽咋 0 0 0 0 0 0
遊学館 5 5 0 3 x 13
(羽)北村、中山、黒萩-高柳
(遊)琴浦、柿下-内潟、牧野
【本塁打】中野(遊)
【三塁打】中村、藤原、平井2(遊)

 

戦評

第98回全国高校野球選手権石川大会2回戦で、シードの遊学館と羽咋が対戦した。
遊学館は、初回にエラーとヒットで1死一、三塁のピンチを迎えるが、先発・琴浦の落ち着いた投球で無失点で切り抜けると、その裏に自慢の強力打線が爆発した。

中村康、藤原の1・2番コンビの連続三塁打で先制すると、内潟、岩渕、平井にも適時打が出て、打者一巡の猛攻で一挙5点を先制。続く2回にも、中野、琴浦の適時打と、平井の三塁打などで5点を挙げて10-0とし、序盤の速攻で一気に試合を決めた。

ここで終わらない遊学館打線。4回に5番・中野がライトスタンドへ本塁打を放ち、2打数2安打2打点の活躍をみせると、負けじと平井が、今日2本目の三塁打を放ち3打数3安打5打点の活躍で、ダメ押しの3点を追加した。

初回こそ、各選手に緊張が見られたが、琴浦がいつもの落ち着いた投球をみせ、最後は公式戦発登板となった柿下が3人で打ち取りゲームセット。2連覇へ向けた大事な初戦を5回コールドで突破した。

前評判の高かった遊学館打線は、夏の初戦でも評判通りのバッティングをみせた。緊張する夏の初戦でも、各選手が大振りすることなく、コンパクトに振り抜いて13安打13打点。特に9番に平井が入った事で、下位まで隙のない打線に仕上がった。

3回戦の相手は小松高校。いまのチームは、春季大会、練習試合といずれも大差で勝利している相手だが、夏は毎年仕上げてくるチーム。夏は接戦を演じることが多い相手なだけに油断はできない。一発勝負の高校野球、今日の勝ちを一旦忘れて、次戦を戦ってほしい。

3回戦は、21日(木)の第3試合14時から県立球場で行われる。
 

打者成績

【羽咋】
守備 選手名 打数 安打 打点 三振 四球 犠打 盗塁
(遊) 高山 2 0 0
(三) 勝泉 1 1 0 1
(左) 長柄 2 1 0 1
(捕) 高柳 2 1 0
(一) 一谷 1 0 0 1
松田 1 0 0 1
黒萩 0 0 0
(投)中 北村 2 0 0 1
(二) 西野 1 0 0 1
(中) 守田 1 0 0
投一 中山 1 0 0
(右) 清水 1 0 0 1
砂田 0 0 0
桶谷 1 0 0
16 3 0 5 1 1 0
【遊学館】
守備 選手名 打数 安打 打点 三振 四球 犠打 盗塁
(遊) 中村康 4 2 1
(三) 藤原 3 1 1 1 1
(中)左 保科 2 0 0 1 1
(捕)中 内潟 3 2 1 1
(右) 中野 2 2 2 1
(一) 岩渕 2 1 1 1
牧野 0 0 0
(左) 池上 3 1 0 1
柿下 0 0 0
(投)一 琴浦 2 1 2 1
(二) 平井 3 3 5
24 13 13 3 4 1 1

投手成績

【羽咋】
選手名 回数 球数 打者 安打 三振 四死 自責
北村 1 2/3 68 18 10 1 3 10
中山 1 1/3 15 4 0 2 0 0
黒萩 1 26 7 3 0 1 3
【遊学館】
選手名 回数 球数 打者 安打 三振 四死 自責
琴浦 4 63 15 3 5 0 0
柿下 1 10 3 0 0 1 0